動物クリニックに往診を依頼してペットの健康チェック!下痢や子宮蓄膿症の相談も〜ペットのノミ対策〜

往診の動物クリニックなら【ホーム犬猫病院】…ペットの不調(下痢・食欲不振)も手早く対処

往診の動物クリニックなら【ホーム犬猫病院】…ペットの不調(下痢・食欲不振)も手早く対処

往診動物クリニックを千葉県でお探しなら、市原市の【ホーム犬猫病院】へご連絡ください。ペットの食欲がない・下痢をしている・飲水量が増えたといった状態もチェックし、適した診察を行います。

あくまで往診が専門ですので、手術やレントゲンなどの詳しい検査はできませんが、もしも手術が必要だと判断した場合は、信頼できる先生のところへ送迎いたします。動物クリニック(往診)の中でも、獣医師に気軽に相談しやすい雰囲気が強みですので、まずはお気軽にご相談ください。

ペットのノミ対策…これで大丈夫?

ペットのノミ対策…これで大丈夫?

ノミやダニはペット(犬・猫)がよく過ごす環境やお気に入りの場所を寝床とし、ペットの体の上で繁殖して卵を産みます。特に春から夏にかけて最も活動しやすい時期で、気温が一定している場合は一年中繁殖する可能性もあります。

ノミの駆除方法は人によって様々ですが、特に行っている人が多い…「見つけたら潰す」という行為はできるだけ避けることをおすすめします。というのも、ノミの体内に卵がある場合も多く、潰した衝撃で周囲に勢い良く飛び散る場合もあるためです。

また、「シャンプーをしているから大丈夫」「洋服を着せているから安心」という考えの方もいますが、ノミはシャンプーしにくい頭部や毛の根元を逃げ回っており、洋服を着せても顔や足から毛の奥に入り込むため、完全に駆除するのは大変難しいといえます。対策方法に不安を感じている場合は、獣医師の診断・指示を受けましょう。

動物クリニックで往診の依頼なら専門の【ホーム犬猫病院】にご連絡を〜肝臓病や子宮蓄膿症も〜

動物クリニックで往診の問い合わせなら、親切・丁寧な対応をモットーとしている【ホーム犬猫病院】にご相談ください。

一般的に犬・猫の飲水量(1日)の目安は、犬が1kgあたり40〜60ml、猫が20〜45mlですが、ペットの飲水量が増えたと感じている場合は、肝臓病や子宮蓄膿症(未避妊のメス)といった病気が隠れているケースもあります。少しの違和感が病気に繋がることも少なくないため、普段からペットとのスキンシップを大切にして、日常の行動をきちんと知りましょう。

お役立ちコラム

動物クリニックで往診(訪問)専門をお探しの方は【ホーム犬猫病院】へ

医院名 往診専門動物病院【ホーム犬猫病院】
住所 〒290-0143
千葉県市原市ちはら台西3−2−6
TEL :080-2676-5529
URL http://www.homeinuneko.jp