耳掃除

犬の耳の模式図左のイラストは動物の耳を持ち上げ、正面から見たところです。一番外側の大きくてヒラヒラした部分を「耳翼(じよく)」と言います。また、耳の穴を耳道(じどう)といい、そこの周りが軟骨で囲まれています。ペットの場合は人と違って、耳道はまず垂直に下がって、途中で奥の方へと水平方向に折れ曲がり、最終的に鼓膜につながっています。

耳の中清潔に保つために、定期的に耳掃除を行います。鼓膜近くの汚れは綿棒などでは届かず汚れを押し込んでしまいます。また、耳道を傷つけて感染が起こりやすくなってしまいます。イヤークリーナーなど耳掃除専用の液体を耳の中に入れ、耳翼の付け根の少し硬い部分をマッサージし、中の汚れを浮き上がらせます。浮き上がった汚れを綿棒などで取ってあげてください。体が汚れてしまうのでシャンプー前にするのがいいでしょう。クリーナーはペットショップなどにおいてあります。