爪切り

 爪が伸びすぎると、それが折れて犬や猫がけがをすることがあります。内側の爪が巻いて自分の皮膚に刺さることもあります。そういったことを予防する意味でも1か月に一回はチェックし伸びていたら切るようにします。爪切りの用具は市販されているものがいいでしょう。

 白色の爪は、血管が見えるので、それよりも先端を切断します。しかし、黒い爪の場合、血管が見えないので少しずつ切ります(たまに出血させてしまうこともあります)。出血した場合その部分をティッシュなどで強く圧迫するか、止血剤を用いて止めます。