腎臓病と腎不全

10腎臓が障害を受け、その働きの約75%が失われると、本当であれば尿として排出されるべき老廃物が体内に急激に蓄積し始めます。このように腎臓の機能が低下した状態を腎不全といいます。一方、腎臓病があっても腎臓の働きが75%以上失われるまでは腎不全ではなく、症状もありません。腎臓病がなくても種々の原因で腎臓機能の75%以上が失われると腎不全になります。